ペットの日常ケアも学べるアニマルアロマアドバイザー

  • ペット繁殖指導員について

    • 大切な家族の一員として、犬や猫を飼う人が増え、ブリーダーの需要も高まっています。

      ブリーダーは自治体で動物取扱業の許可を得れば他に資格はなくても開業は可能ですが、安心して家族に迎えられる健康な動物を育てるために、正しい繁殖方法や健康についての知識を得たいところです。

      ブリーダーに求められる知識を認定するものとして、ペット繁殖指導員の資格があります。

      ペット繁殖指導員情報を集めたサイトです。

      日本ペット技能検定協会が認定する資格で、協会指定のカリキュラムを受講することで受験資格が与えられます。

      筆記試験があり、動物の生態や繁殖方法、看護の知識を問われます。
      また、日本畜犬学会認定の講座を修了することで無試験で資格を得る方法もあります。

      ライセンス交付申請料12、000円が必要になります。



      日本畜犬学会認定の認定講座は通学講座と通信講座がありますが、自分の好きな時間に学習できる通信講座が人気があります。
      通信講座は、ヒューマンアカデミーの「ブリーダー講座」・「ペットビジネス総合講座」・「ペットビジネスマイスター講座」がこれに当たります。この3つの講座のいずれか1つを終了することで、ペット繁殖指導員の資格を取得することができます。



      受講料は「ブリーダー講座」は89、000円、「ペットビジネス総合講座」は219、500円、「ペットビジネスマイスター講座」は483、000円になります。


      ペット繁殖指導員の資格取得目的だけであれば、「ブリーダー講座」を選択し、動物の販売や看護に関してもっと深く学びたくて、経済的に余裕があれば他の2講座を検討すると良いでしょう。

top