美容皮膚科があなたの悩みを救う

思春期で跡になってしまったにきびを美容皮膚科で治そう

思春期で跡になってしまったにきびを美容皮膚科で治そう

肌に関する悩みは大人になってからおこるものだけではありません。学生の頃、思春期の象徴と言われるニキビも、治りが悪かったり跡が残ってしまうと悩みの原因になってしまいます。

そもそもなぜあの頃はニキビが発生しやすいかというと、第二次成長期を迎え、体の内面を変化していく中、今までは量が少なかった男性ホルモンが増加したことにより、ホルモンがつくる皮脂が過剰分泌され、それがニキビの原因になりやすいようです。ホルモンバランスが安定し、皮脂の分泌が正常になると次第にニキビも治っていきます。思春期のニキビが治りやすい理由がこれです。これ自体は放っておいても次第に落ち着いて解決します。しかし、そのニキビが気になるあまり、自分から潰してしまったり過剰なスキンケアをしてしまうとそれが原因で後にまで残る跡が出来てしまう可能性があります。もしあなたの顔にそんな若い頃の過ちであるニキビ跡があるならば美容皮膚科に行きましょう。凹凸や色の沈澱などその困ったニキビ跡に色素を消すレーザー治療や電機や超音波をつかう最新医療を施し、効果的にニキビ跡を消してハリのある肌を作り直すことが出来ます。術後のアフターケアのための医薬品石鹸や美容液も用意してます。

ちなみに、大人になってからできるニキビは肌へのダメージや生活の悪循環が原因の「炎症性疾患」の一つです。ニキビそのものへの治療も用意していますが出来たら治すことよりも今後できないように改善するよう心がけましょう。もしもできたら大人ニキビは思春期のものとは違い跡になりやすいので美容皮膚科に早めに相談しましょう。